ご利用案内

介護保険給付サービス

食事

  • 栄養士の立てる献立表により、栄養と利用者の身体的状況に配慮したバラエティに富んだ食事を提供します。
  • 食事はできるだけ離床して食堂で食べていただけるように配慮します。
    ※食事をできる場所は、利用者様に合わせて配慮いたします。

    (用意する食種)
    ・主食・・・普通のご飯・粥・ミキサー食等
    ・副食・・・普通のおかず・刻んだおかず・
    ・細かく刻んだおかず・ミキサー食等
    ・嚥下困難な方には、
     流動食・とろみ食等を 準備します
    ※施設では利用者様の嗜好に合わせ、
     好みに応じて、おにぎり・雑炊・パン
     等に対応します
    (食事時間)
     朝食 7:40〜
     昼食 11:50〜
     夕食 18:00〜

排泄

  • 利用者様の状況に応じて適切な排泄介助を行うと共に、排泄の自立についても適切な援助を行います。
  • おむつについては、施設にて指定の物を使用いたします。もし、個人的に希望がある場合は持ち込んでいただいても結構です。

入浴

  • 年間を通じて週2回の入浴または清拭を行います。
  • しっかりと歩ける方には一般浴槽、歩行がおぼつかない方にはリフト式車椅子浴槽、寝たきりなどの座位のとれない方には寝たまま湯につかれる特殊浴槽をご利用いただけます。

離床、着替え、整容等

  • 寝たきり防止のため、出来る限り離床に配慮します。
  • 生活のリズムを考え、毎朝夕の着替えを行うように配慮します。
  • 個人としての尊厳に配慮し、適切な整容が行われるよう援助します。
  • シーツ交換は週1回実施します。
  • 害虫などの駆除のため、バルサン等による殺虫消毒を年2回実施します。
  • 必要に応じて衣類の洗濯をします。

機能訓練

  • 機能訓練指導員(所有資格 理学療法士)による利用者様の状況に適合した機能訓練を行い、身体機能の低下を防止するように努めます。
  • 施設にあるリハビリ器具
    歩行器3台・SSP低周波・平行棒・輪投げ等

健康管理

  • 嘱託医師により週1回診察日を設けて健康管理に努めます。
  • また、緊急等必要な場合には主治医あるいは協力医療機関等に責任を持って引き継ぐよう致します。特に希望する医療機関を有する場合には、状況の許す限り、その希望する医療機関を優先します。
  • 利用者様が協力病院等に通院する場合は、その介添えについてはできるだけ配慮致します。
    (当施設の嘱託医師)
     病院名 :中野整形外科
     診療科 :内科、整形外科・リハビリテーション科
     診察日 :毎週火曜日  13:45〜15:45

相談及び援助

当施設は、利用者様及びそのご家族様からのいかなる相談についても誠意をもって応じ、可能な限り必要な援助を行うよう努めます。

社会生活上の便宜

  • 当施設では、必要な教養娯楽施設を整えるとともに、施設での生活を実りあるものとするため、適宜レクリエーション行事を企画します。
  • 主な娯楽設備
    クラブ活動(生け花、料理、茶道)、喫茶コーナー(毎週月・水・金)
  • 主なレクリエーション行事
    花見会・夏祭り・運動会・敬老会・クリスマス会・餅つき大会・初詣・誕生日会・ドライブ等
  • 行政機関に対する手続きが必要となる場合には、利用者様及びご家族様の状況によっては、施設職員による代行ができます。
    代行業務については、別途実費が必要となることがあります。
ページトップへ

介護保険給付外サービス

理容・美容

毎月美容室の出張による理美容サービスを利用いただけます。特に個人的にご希望がある場合は、沿いかねることがありますのでご了承下さい。

日常生活品の購入代行

利用者様及びご家族様が自ら購入が困難である場合は、施設の代行サービスをご利用いただけます。

金銭管理貴重品管理

施設による金銭管理・貴重品管理サービスをご利用いただけます。

管理限度額 10,000,000円までとします。
管理形態 指定金融機関の預金通帳又は現金として管理します。
保管 施設事務所にある金庫にて保管します。
保管管理 責任者は施設長とします。担当者は生活相談員とします。
出納方法 ご契約者様より、現預金の預け入れ及び引き出しの依頼があった場合、備え付けの届出書を保管管理者へ提出していただきます。保管管理者は上記届出の内容に従い、預金の預け入れ及び引き出しを行います。保管管理者は、お預かりしている現金の出入金の都度、出入金記録を作成し、その写しと通帳の写しを3か月ごとにご契約者様へ交付します。

その他、貴重品(年金証書・健康保険証・身体障害者手帳・医療受給者証・介護保険者証等)の預かりサービスにより、ご利用に不利益がでないような手続きを行います。

各種行事

行事等の催し物については施設サービスの一環として行われる場合もありますが、実費費用負担が必要となる場合もあります。参加希望や費用については、その都度連絡させていただきます。
行事の例 :花見・夏祭り・運動会・クリスマス会など

その他

特別メニュー 寿司やバイキングなど特別メニューを設定することがありますが、希望される方は費用負担が必要になる場合があります。
喫茶コーナー 毎週月・水・金に喫茶コーナーが開設されますが実費となります。
販売会 販売会にてお菓子がお求めになれます。(月1〜2回程度)
自販機 ジュース類がお求めになれます。
電話 3階事務所前に公衆電話(カード対応)を設置しております。
衛生用品 紙オムツ・安心パンツ・尿パットなどが必要な場合は施設指定の物を使用します。希望のものがあれば持ち込んで頂いても結構です。
衣類 靴やパジャマ類などご希望があればご紹介致します。
クリーニング 洗濯のサービス以外に、クリーニングなどのご希望があれば業者へ取次ぎが可能です。
電気器具 原則的に居室内での電気器具のご利用はお断り致します。
入院 現在、休止しております。
ページトップへ

利用料金

(1)法定給付 ・・・ 利用料金が介護保険から給付される場合

要介護度に応じた施設介護サービス基準額の1割相当。(介護保険より9割が給付されます。)
※介護保険制度の施設介護サービス基準額に変更があった場合、変更された額に合わせて、ご契約者の負担額を変更します。

サービス利用単位数(1日あたり) ※地域区分…7級地 1単位10.14円

介護度 1 2 3 4 5
多床室 547 614 682 749 814
従来型個室 547 614 682 749 814
ユニット型個室 625 691 762 828 894
看護体制加算           T4 / U 8(従来型)
          T6 / U13(ユニット型)
日常生活継続支援加算 36(従来型)
  46(ユニット型)
夜勤職員配置加算               13(従来型)
              27(ユニット型)
栄養ケアマネジメント加算 14
口腔機能維持管理加算 30/月
精神科医師定期的
療養指導加算
5

※その他の加算
 初  期 加  算・・・入所後30日間については、1日あたり30単位が算定されます。
              (30日以上の入院後も算定)
 外  泊 加  算・・・外泊された場合、1日あたり246単位が算定されます。
 看取り介護加算・・・ターミナルケアを実施した場合、1日あたり下記の金額が算定されます。
              30日を上限とします。
 144単位(死亡日以前4-30日)、680単位(死亡日の前日、前々日)、1,280単位(死亡日)

(2)法定外給付 ・・・ 利用料金の全額をご契約者に負担していただく場合

区  分 料   金
食費 1日/1,380円
管理栄養士による食材の検収により、新鮮で安価な食材を調理し、提供します。
居住費 多床室 1日/840円
従来型個室 1日/1,150円
ユニット型個室 1日/1,970円
理容・美容サービス 1回/1,500円又は2,300円〜(パーマ・カラー対応可能)
特に個人的に希望のある場合は、沿いかねることがありますのでご了承下さい。
日常生活品の購入代行サービス 購入依頼のあった品物を購入するのに要した金額の実費。
例 品代・配達料・運賃・人件費・税金 等
金銭管理サービス 基本サービス料 1ヶ月/2,500円
特別な食事 利用者様のご希望に基づいて特別な食事を提供します。(お酒を含みます)
利用料金 : 要した費用の実費
その他
(日常生活に要する 費用で
本人に負担していただくことが
適切であるもの)
・ 喫茶コーナー利用代    その都度実費
・ 自販機利用代        表示額
・ 日常生活品の購入代金  その都度実費
・ レクリエーション費用    その都度実費
・ クラブ活動費用       その都度実費

※ 居住費と食費について、負担限度額認定を受けている場合には、認定証に記載している負担限度額とし、基準額との差額分は介護保険より給付されます。

ページトップへ

費用の負担と領収証

  • 施設は、利用者様が支払うべき介護保険給付サービスに要した費用について、利用者様が介護サービス費として市町村から支給を受ける額の限度において、利用者様に代わって市町村から支払いを受けます。(以下「法定代理受領サービス」といいます。)
  • 施設は、毎月翌月20日までに、当月分の利用料等の請求書を発行します。請求書には、甲が利用した各種サービスにつき、その利用回数、介護保険給付適用の有無等を明示します。
  • 請求書に基づき、当月の利用料等を、指定口座より引き落としする方法で支払います。
  • 施設は、ご利用者様から利用料等の支払いを受けた時は、遅滞なく領収証を発行します。領収証には、施設が提供したサービスごとに、介護保険給付の対象となるものと対象外の区別、領収金額の内訳を明記します。
  • 施設は、法定代理受領サービスに該当しない介護保険給付サービスを提供した場合において、利用者様から利用料等の支払いを受けた時は、サービス提供証明書を交付します。また、サービス提供証明書には、提供した介護保険給付サービスの内容、費用の額その他必要な事項を記載します。
ページトップへ

施設サービス計画の作成・変更

  • 施設は介護支援専門員に利用者様の施設サービス計画を作成する業務を担当させます。
  • 介護支援専門員は、利用者様の入所後、速やかに施設サービス計画を作成します。 
  • 介護支援専門員は、甲の有する能力、置かれている環境等の評価に基づき、甲が自立した日常生活を営むことができるように支援するうえで解決すべき課題を適切な方法により把握し、当施設の他の従業者と協議のうえ、当施設の提供するサービスの目標、その達成時期、サービスの内容、サービスを提供するうえで留意すべき事項等を記載した施設サービス計画案を作成します。 
  • 介護支援専門員は、施設サービス計画の作成後においても、当施設の他の従業者との連絡を継続的に行うことにより、施設サービス計画の実施状況を把握し、必要に応じて施設サービス計画の変更をします。 
  • 利用者様は介護支援専門員に対し、いつでも施設サービス計画の内容を変更するよう申し出ることができます。その場合、介護支援専門員は、施設介護の趣旨に反しない範囲で、できる限り甲の希望に沿うように施設サービス計画を変更します。 
  • 介護支援専門員は、施設サービス計画案を作成し、また、同計画を変更した場合には、甲に対し、施設サービス計画案または変更された施設サービス計画案につき、その内容を説明し、同意を得ます。 
  • 施設は、利用者様の入所後、施設サービス計画が作成されるまでに期間が空く場合、その有する能力に応じて自立した日常生活が送れるように適切な各種介護サービスを提供します。
ページトップへ

医療体制

  • 施設は、嘱託医師により週1回診察日を設けて健康管理に努めます。
  • 治療の必要性、方法等の判断については、緊急の場合を除く外、甲の意思を確認し、できるだけ甲の意思に沿うようにします。

当施設の協力契約病院は以下の通りです。

名称 中野整形外科 半田市立半田病院 歯科ハミール
住所 半田市更生町
2丁目150番地5
半田市東洋町
2丁目29番地
半田市宮路町118
電話番号 (0569)21−5448 (0569)22−9881 (0569)24−6480
ページトップへ

非常災害時の対策

非常時の対応 別途定める「特別養護老人ホーム瑞光の里 消防計画」にのっとり、対応を行います。
近隣との協力関係 近隣施設と連係し、非常時の相互の応援を約束しています。
非常時の訓練等 別途定める「特別養護老人ホーム 瑞光の里 消防計画」にのっとり、年2回夜間及び昼間を想定した避難訓練を、利用者様も参加して実施します。
防災設備 スプリンクラー 有
避難階段 4箇所
自動火災報知器 有
誘導灯 31箇所
ガス漏れ報知器 有
防火扉・シャッター 7箇所
屋内消火栓 有
非常通知装置 有
漏電火災報知器 有
非常用電源 有
カーテン・布団等は防炎性能のあるものを使用しております。
消防計画等 消防署への届出日:平成24年4月1日
防火管理者:岡崎 将司
ページトップへ

事故発生時の対応

  • 利用者様に対するサービスの提供にあたり事故が発生した場合、すみやかに利用者の後見人、家族、身元引受人等関係者に連絡を行うとともに、必要な措置を講じます。
  • 前項の場合、すみやかに利用者様の損害を賠償します。但し、当施設に故意過失がない場合はこの限りではありません。また、利用者に重過失があるときは、損害賠償の額を減じることがあります。
  • 以下の理由がある場合、損害賠償を負いません。

・利用者様が、契約締結時に心身の状況及び病歴等の重要事項について、
 故意にこれを告げず、または不実の告知を行ったことに起因して損害が発生した場合。
・利用者様が、サービスの実施にあたっての必要な事項に関する聴取・確認について、
 故意にこれを告げず、または不実の告知を行ったことに起因して損害が発生した場合。
・利用者様が、当施設もしくはサービス事業者の指示等に反して行った行為に起因して
 損害が発生した場合。

ページトップへ

苦情申立先

利用者様、家族様は提供されたサービス等に苦情の申し立て、または相談を下記の窓口にいつでも行うことができます。お気軽に相談して下さい。

《苦情・相談窓口》

当施設ご利用相談室 窓口担当者 岡崎 将司
ご利用時間 毎週 月〜金曜日 午前9時〜午後5時
ご利用方法 電話 0569-27-6262
面接 3階事務所・相談室
半田市役所 介護保険課 電話 0569-21-3111
国民健康保険団体連合会 苦情処理部門 電話 052-971-4165 
  • 施設は苦情の申し立てを受けた場合、速やかに事実関係を調査し、その結果並びに改善の必要性の有無及び改善の方法について利用者様、家族様に報告します。
  • 施設は利用者様、家族様から苦情の申し出がなされたことをもって、利用者様に対していかなる差別的な取扱いもいたしません。
ページトップへ

当施設ご利用の際に留意いただく事項

来訪・面会

  • 来訪者は、面会時間(8:30〜20:00)を遵守し、必ず面会者名簿に記帳して下さい。
  • 面会時に飲食物を持参される方は介護職員にお知らせ下さい。食べ残しは介護職員にお任せ下さい。
  • 玄関が施錠されている場合は、脇にあるインターホンで呼び出して下さい。

外出・外泊

  • 利用者様が外出・外泊されるときは、事務所までお知らせ下さい。
    ※外泊期間中、1日に付き246円(介護保険から給付される費用の一部)と居住費をご負担いただきます。
    尚、1週間以上外泊される時は一旦退所していただくことがあります。

病院受診

  • もし利用者様の容態に異常が出た場合は直ちに連絡させていただきますのでよろしくお願いします。
  • 協力病院への受診については、その介添えにはできる限り配慮いたしますが協力病院以外の病院受診をご希望の場合は、ご家族にて対応していただきます。

尚、1週間以上入院されるときは一旦退所していただくことがあります。入院後、概ね3ヶ月以内に退院されれば、退所後再び入所できるように配慮致します。

居室・設備器具の利用

  • 施設内の居室や設備、器具は本来の用法にしたがってご利用下さい。これに反したご利用により破損等が生じた場合、賠償していただくことがございます。

喫煙・飲酒

  • 喫煙は決められた場所以外ではお断りします。
  • 飲酒は決められた日(毎週金曜日)で提供しております。喫煙量や飲酒量は、施設でアドバイスさせていただきます。
  • ライター、マッチ類は持ち込まないようお願いします。

迷惑行為等

  • 騒音等他の入所者の迷惑になる行為はご遠慮願います。また、むやみに他の入所者の居室等に立ち入らないようにして下さい。

金銭や所持品の管理

  • 紛失や盗難の恐れがありますので、できる限り持ち込みはなさらないで下さい。

宗教活動・政治活動

  • 施設内で他の入所者に対する宗教活動及び政治活動はご遠慮下さい。

動物飼育

  • 施設内へのペットの持ち込み及び飼育はお断りします。

その他

  • 利用者ご本人から相談や要求があった時には、職員ができる限り解決するように努力致しますが、内容によってはできかねる場合があります。その様なときにはご家族に連絡させていただきますので、ご協力をお願い致します。
  • 季節の変わり目などに、衣類の交換をお願いします。
  • ご家族(身元引受人・後見人等)の連絡先や緊急連絡先が変わった時には、至急お知らせ下さい。
ページトップへ
前のページにもどる