介護職一日の流れ 〈イメージ〉

9:30 血圧・体温測定

当日の入浴予定の方の、血圧・体温を測定します。「○○さん、今日も血圧バッチリ!」

10:00 入浴介助

「寒くないですか?」 風邪をひかないように脱衣室、浴室を適温にします。
服を脱いでいただく際には戸締り、カーテンなどをしっかり行いプライバシーを守ります。「○○さん、今からお風呂にご案内します。」ご自分で脱げる所は自分で。出来ない所をお手伝いします。
この時に身体に異変はないか、服を着ている時にはわからないような傷や湿疹がないかも気を付けて観察します。
お湯の温度には細心の注意が必要です。「湯加減いかがですか?」

10:45 水分補給

好きな飲み物を飲んでいただきます。「今日は何飲みますか?」

11:30 準備

昼食を食べる準備を行います。
横になっていただいていた方に起きていただきます。ベッドから車いすに移るお手伝いをさせていただきます。
「□□さん、そろそろお昼なので起きてリビングに行きましょう」

12:00 昼食

美味しそうな匂いがしてきました。食事の時間です。 食事を配膳します。
「○○さん、お昼ご飯です。今日の魚は美味しそうですね!」
自分で食べることが難しい方のお手伝いをさせていただきます。

12:30 休憩

職員食堂で昼食を摂ります。様々な部署や各階から職員がご飯を食べに来ます。
仕事の悩みや介護のコツといった情報交換の場でもあります。皆でワイワイ「さあ、昼からも頑張ろう」

13:30 排泄

トイレにお誘いします。プライバシーを守って小声で…「○○さん、ボチボチトイレに行っておきましょうか?」

14:00 散歩

「○○さん、天気がいいので中庭で散歩しましょうか?」 草花や施設で育てている野菜をみると季節感を感じることができます。 

15:00 おやつ

オヤツの時間です。今日はゼリーです。美味しそうです。
「飲み物は何がいいですか?」 「○○さん、コーヒーがお好きですね!砂糖は1つでしたよね?」慣れてくると一人ひとりの好きな飲み物や趣向もわかってきます。
自分で食べることが難しい方のお手伝いをさせていただきながら、一緒にお茶を飲んで雑談します。
「今日はいい天気ですね」

16:00 コミュニケーション

「○○さん、洗濯物畳みを手伝ってもらえますか?」片付け仕事をしながら入居者様とお話しします。
私にとってこの時間が一番好きな時間です。

17:00 記録

今日の出来事を記録に残します。
今日は△△さん、ちょっと元気がなかったな… いつもより食欲もなかったな。記録に残しておこう。

17:30 勤務終了

今日一日の入居者様の様子や出来事を、夜勤職員へ報告。
「入居者の皆さん。今日も1日ありがとうございました。ゆっくり休んで下さいね。」

コメント

こんにちは。何の資格も持たない私が、人に係る仕事に就きたいと一念発起して入社し、早11年が経過しようとしています。
介護に関する知識や技術はもちろんの事、チームケアとは何か、コミュニケーション術やリーダーシップ、接遇マナーに至るまで、先輩方に丁寧にご指導いただき、一つ一つ貴重な経験を積ませていただき今の私があると思っています。
当施設の特徴は、他職間の垣根をこえて介護職も一専門職として自分の意見を言える風土があり、一人一人がのびのび仕事をしている事です。個の力を法人全体の力に変えて、地域の困難ケースに対応できる強い椎の木福祉会を目指しています。

コメント

施設を転々としていた私ですが、ここ椎の木福祉会に就職して、8年が経過しました。このままこの法人でずっと働いていこうと思っています。 椎の木福祉会に就職して感じたことは、サポート体制がとてもしっかりしているという事です。入社当時の私はヘルパー2級を持っていましたが、この法人に就職してすぐに、介護福祉士を取得しました。翌年には、上司の勧めもあって介護支援専門員の資格も取得することができました。勉強方法や取得までのプロセス等を、周りの先輩に相談できる環境だったので、プレッシャーを感じることなく試験に臨めました。私のほかにも受験する職員がいたので、相談がすぐにでき、恵まれた環境だったと感じました。先輩となった今は、新入職員さんに対して、自分がして頂いて嬉しかった事をするように心掛けています。 椎の木福祉会は「最後の拠り所」という理念をもって運営しています。重度要介護者の受入や緊急でショートステイを受入れることもよくあります。大変な時もありますが、本当にやりがいのある職場です。

前のページにもどる